No.167「iMandalArt」初心者「8つの心得」!(8)

 本日「iMandalArt」の1.0.1へのアップデートがあり、早速インストールし使用しました。入力に際しての「もたつき感」がなくなり、「バシバシ」記入出来る様になりました。今回のアップデートは「バグ修正」中心であり、機能的なものはありません。快適な入力こそが「思考のスピード」には重要だと思います。

本日の心得!
8)沢山書け! 始めは量の勝負。


 「マンダラート」の記入に慣れるまでは、暫くは「量の稽古」が必要だ。ノートの経線に慣れてしまった思考回路を、正方形(マンダラート)の思考回路にする為だ。とは言え、子供の頃からの習慣を簡単には直せない。そこは「練習」しかないのだ。イチロー選手の様に「毎日素振り」という基礎練習のみが、次のステップに上がる近道だ。でも我々は勝負師ではないので、それを楽しくやれば良い。
「仕事」「今日食べたもの」「好きな食べ物」「酒井法子について」「民主党」「競馬の予想」「借金返済計画」「授業ノート」「資格試験用ノート」「出張計画」など「ふと、浮かんだ事」を「iMandalArt」にのせて考えて見よう。自分では思いもよらぬ答えが出るかもしれない。
「もう一人の自分の発見」 それが「iMandalArt」だ。

 「iMandalArt 初心者8つの心得!」は今回で終了です。 次回からはより具体的な使用方法を解説していきますのでお楽しみに!!
iMandalArt
(iTunesが起動しApp Storeへ)新しい自分発見

f0084772_2142645.gif
f0084772_21422914.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2009-09-18 21:43