NO.91JUL.1 マンダラートPalmと手帳の違い

 マンダラートPalmと手帳版の大きな相違点は「一覧性」にあると思います。あるテーマについて多くのアイデアが欲しい場合には、手帳版を使うことにより画像にある様に、並べて鳥瞰できることが最大のメリットと考えています。Palm版にはこれができません。
しかし次のステップに移り、一つのテーマをより深く掘り下げるには、手帳版は苦手です。リフィルに書いては捨てるということを何度も繰り替えさなければなりません。
Palm版であれば、簡単かつスピーディに掘り下げることができます。セルの移動も簡単。
手帳のように厚くなることもありません。やっぱりPalm版かな。なんとか手帳版を使える言い訳を探しています。
f0084772_22513332.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2008-07-01 22:52 | Comments(3)
Commented by Masahiko at 2008-07-02 06:15 x
「一覧性」という点では、Win版の9×9の画面を重宝に使っています。 紙ということでは、メモ用紙(電話サイドに置いてあるような)を9マスの用紙にするというのはどうでしょう。 
Commented by y-shimo77 at 2008-07-02 18:58
Masahikoさま 貴重なアドバイスありがとうございます。当方Win版を使用したことがないので便利さは未知数ですが、モバイルPCの様な小さな画面でも実用性はあるのでしょうか?気になるところです。
Commented by Masahiko at 2008-07-02 20:29 x
Win版は3×3、9×9、アウトラインの3種類の形式で印刷ができます。画面でも確認できますが、私は3×3と9×9の形で印刷し、余白にメモしたりします。それを追加入力して保存することもあります。 モバイルPCの画面でもひとつのセルを拡大して表示する機能を用いれば大丈夫かも。 私は小ぶりなVAIOを持ち歩いていますが、もっと小さいモバイルPCの状況は知りません。