<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 Mandal-Art Palmをあらゆる場面でもっと利用できないかと考えた末、WristPDA(Palm Magazine vol.25 P60参照)を使えば常に手元で確認できる状況ができるかもしれないというアイデアが浮かびました。しかしながら入手が限られていて、動作の確認もできないのでかなりのリスクでしたが、幸運にも中古品ですがオークションで落札できました。(日本語化できるJ-OS付きでした。)
 早速Mandal-Art Palmをインストし、メインマシンと同期させました。おお!画面は小さいですが、確実にMandal-Art Palmが動きます。感動!!ただ、記入は難しいので当面はビューワーとしての使い方に特化しようと考えています。
f0084772_21472577.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2006-05-12 21:48
 顧客との面会の無い仕事の時は軽装で外出します。本日はリサーチを兼ねある百貨店に行きました。こんな時は、以前顧客から依頼があり、生産したバッグを使っています。6号帆布製の小振りなショルダーバッグで使い易いので気に入っています。軽快に動き回ることができます。
 Mandal-Art Palm、2色ボールペン、コクヨのSKETCH BOOK、携帯電話、財布などあればどこでも仕事ができます。仕事用のシステム手帳は不要です。Mandal-Art Palmに重要なことは入れてあるので、気になることがあれば確認することができます。
ふと浮かんだアイデアなどは手帳に記入しても良いし、どこか腰を落ち着ける場所が確保できれば、Mandal-Art Palmに直接記入します。
f0084772_20272645.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2006-05-06 20:30
 Mandal-Art 手帖は本当によく使いました。残念ながら廃番となりましたが、今でも使いたい気持ちは変わりません。いつか自分なりのオリジナルMandal-Art 手帖を復活させたいと考えています。
 画像は発売された初期のバージョンの手帖です。バインダーが2冊付いていて、1冊は金具の径が小さいものでした。手帖を開くと真っ赤な表紙が出てきますが、これが感動ものでした。
f0084772_1110676.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2006-05-05 11:55
 Mandal-Art Palmと紙の手帳の使用の比率は70対30の割合です。Life planやTo doに関しては90%Mandal-Art Palmに入れています。ビジネス現場ではMandal-Art Palmと
手帳のセットとプロジェクト別ファイルを持てばOKです。
顧客先でのMeetingでは手帳にメモし、帰社してからMandal-Art Palmの顧客別プロジェクトのセルに入れます。新しい懸案事項が発生した場合には新たなセルを作ります。セルの新規作成と移動はコピペで簡単にできます。また、バックアップだけは1日に何度も取ります。CLIEはバックアップソフト(MS Back up)が付いていますので簡単にかつ確実に取ることができます。
f0084772_21365139.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2006-05-02 21:38
 現在、Mandal-Art Palmを仕事と日常生活に使用していますが、アナログである紙も忘れてはいません。デジタルの致命傷である突然トラブルが発生する状況が100%回避できないという理由と、ビジネスの場での電子小物の対するアレルギーがある状況を考えまして紙の手帳も使用しています。突然のトラブルは外出先以外であればバックアップを取ることによりかなりリスクヘッジができます。しかしながらアレルギーに対しては、確実な仕事をすること以外に方法はありません。
 私の手帳には横線の入ったいわゆるノートは存在しません。方眼用紙のリフィールと自作したMandal-Art しか入っていません。
f0084772_21465632.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2006-05-01 21:50