<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Treo650を数日間いじっているが、「すばらしい!」の一言である。特にMandal-Art Palmのために作られたマシンであるといっても過言ではありません。日本語化その他カスタマイズを進めていますが、一番最初にシステムのバージョンアップをいきなりしてしまいました。諸先輩のブログを拝見するといつかはこの道を通過しなければいけないようなので、であれば今やるしかないと判断し決行しました。簡単!Macユーザーの私はSDカードを利用して行いましたが、PalmHP上の指示に従って行えば簡単にできます。
f0084772_21113626.gif

[PR]
 第一印象は「小さい!」でした。特に画面が小さく感じられ、これで使い物になるのだろうかという不安でした。持った時の質感はしっくり手になじみ良い感じです。日本のスマートフォンには無い質感でしょう。充電を完了し電源を入れるとその不安は吹っ飛びました。ハイレゾの画面が非常にクリアで見やすく、My ClieTH55より鮮明なのには驚きました。Mandal-Art Palm中心ならば十分メインマシンになり得る機種でしょう。サクサクMandal-Art Palmが動く姿は感動ものです。
この時程、日本語化に労力を注いで頂いた方々の功績の大きさにありがたく感謝しました。
具体的なステップは追ってご報告しますのでお楽しみに。
f0084772_23202033.gif

[PR]
 Mandal-Art PalmのプロジェクトはToDoWeekにProjectというセルを作っています。さらに重要度に合わせA,B,Cと分けています。まず、顧客もしくは自社内で仕事が発生した場合には重要度と緊急度を配慮し新しいセルを一つ作ります。このセルが仕事の単位となり、単純にこのセルが多ければ多い程忙しいということになります。このセルに記入する内容は自分なりに経験に基づきルールを作り記入しています。下記のマンダラートがその記入項目です。このセルを見ればプロジェクトの概要が分かり、より詳しい情報が必要な場合には下層に展開すれば簡単に分かります。Mandal-Art Palmの良さは簡単に情報にアクセスでき、ノートの様にかさばることはありません。
f0084772_2343767.gif

[PR]
 Palm Treo650 パームOSで動くいわゆるスマートフォンである。少し前のモデルですが、現役で十分通用するモデルらしいことを色々なブログから情報収集しました。
英語版ですが日本語化できることも十分理解しています。最初に手にしたパーム(PalmVx)も実は英語版でした。Mandal-Art Palmもサクサク動いていましたし、日本語もJ-OSを入れて全く問題なくかつ実用的に使えていました。しかしTreo650は画面が小さいことと日本では電話が使えないこでメインマシンにはなりえません。きっとMandal-Art Palmもサクサク動くに違いありません。でも気になります。Treo680ほど高価でもないし、GSM携帯としてならば海外で使える。どなたかMandal-Art PalmをTreo650で使っている人はいないのでしょうか?
f0084772_23174992.jpg

[PR]
 先日、マンダラート開発者の今泉先生のメルマガ(Mandal-Art Eye Vol.160)
http://www.mandal-art.com/eye.htmlにこのブログが紹介されました。今泉先生には心より感謝いたします。また、気まぐれに書いているにも関わらず多くの方が訪れていただきありがとうございました。今後も自分なりのマンダラートライフを追求して行きますので、暇な時は覗いて下さい。
 さて、今回からMandal-Art Palmを仕事でどう使っているか、特にプロジェクト管理はどの様に行っているかをお見せいたします。改良点は多々ありその度作り替えている状況ですが、紙の手帳ではできない便利さがあります。
f0084772_2331468.gif

[PR]
 次に目次から、読み進むごとに気になるフレーズやキーワードを記入してきます。
一番上の階層からより深くテーマが進んでいきますので、最上階を見れば下層階の内容が分かるという感じです。ちょうどピラミッドの様な感じでしょうか。デジタルの良さ、Mandal-Art Palmの良さはどんなにページが増えてもかさばりませんし、後から付け加えたり削除するこは簡単です。
f0084772_22125619.gif
f0084772_22131178.gif

[PR]
 Mandal-Art PalmではWY「学ぶ」というセルがあります。と言っても「学習」ではなく広い意味での「学び」ということです。私はこの中に読書メモを作っています。
読む本すべてをメモする訳ではありませんが、気になったフレーズやキーワードなどをセルに入れています。このメモは「Robert Kiyosaki」氏の「You can CHOOSE TO BE RICH」という本を知人から入手した時に作ったメモです。この時は結構しっかりと作りました。まず、目次をセルごとに書き込みました。これを見れば全体像が分かります。
f0084772_2395291.gif
f0084772_23113330.gif

[PR]
 ホーチミン市内の詳しい地図を探していたらPDF形式のものがありました。そこでクリエに入っているPicsel Viewerというソフトを思い出しました。今まで使ったことがありませんでしたが、PDF形式の書類を見ることができます。表示はきれいなのですが、非常に重く、アウトドアで使うには実用的ではありません。ただ街全体を確認するという使い方であれば問題ありません。 あらゆる使い方ができるのがPDA(Palm?)のすばらしさでしょう。
f0084772_2351141.gif
f0084772_2355438.gif

[PR]
 Treo680が気になります。諸先輩方のサイトを見るとかなりクセのありそうなマシンな様ですが、日本語化したらMandal-Art Palmは動くだろうか?どうしても欲しいという強い衝動には至りませんが、もう少し海外に行く頻度が上がれば確実に物欲が生じるでしょう。なぜならばGSM携帯として利用できるからです。SIMカードは持っていますのでそれを差し替えれば使えるでしょう。日本ではPDAとして海外では携帯+PDAそしてMandal-Art Palmも動く。理想的な形かもしれません。
f0084772_21522814.jpg

[PR]