実験的にブログをマンダラート形式で書くことにしました。 iPhone4のiMandalArtで書き、スクリーンショットをアップします。文字数に限界がありますので、出来るだけキーワードを記入します。意味不明な場合には補足します。また、画像は未処理のため大きくなってしまいますが、気軽にアップ出来るのでもう少し頻繁に更新できると思います。最終的にはアプリを利用してiPhone4から全てが出来る様にと考えています。
f0084772_22333473.png

[PR]
 設定画面もこんな感じです。
f0084772_2223557.gif

 2倍にすると画面はこんな感じ。
f0084772_22235448.gif

機能的には全く変わりませんので、iPhoneで使う場合と同じです。ただし、前回も書きました通り、あくまでも緊急的な使い方でしかありません。iPadのオリジナルのキーボードも立ち上がることもありませんので。
 iPhoneでの使用がメインで、iPadではiMandalArtは確認程度という方には向いているかもしれません。そうなると、iPadを買う意義があるか疑問ですが?

iMandalart HD
iMandalArt HD - Hiro Art Directions,Inc.
(iPad2を持っている人はどうぞ!)
[PR]
■「もしドラ」ならぬ「もしマン」です!!
 iPad2にiMandalArtを入れたらどうなるか?使えるか?(iMandalArt HDではありません。)

 iPad2の購入をためらっている多くの人は、iPad2は本当に使えるか?ということだと思います。私自身、初代iPadは見送りました。iPhone4で十分だったのでiPadとの使い分けを見出すことができませんでした。そこで今回から数回に分けて、iMandalArtとiMandalArt HDの使い分けについてレポートします。

1)iPad2にiMandalArtのみインストールすると、どのように表示されるか?

iPad2上でもiMandalArtは動きます。ただし表示がiPhoneサイズとなり、せっかくの広い画面が有効に使えることができません。
f0084772_23132411.gif

入力キーボードもiPhoneサイズで、入力には多少コツを要します。
f0084772_23135432.gif

 実は面白い機能が隠されています。右下の「2倍」というボタンを押すと、「あれ?」標準iPhoneサイズから、画面が大きくなりました。残念ながら「画質」は粗っぽくなってしまいますが結構使えます。当然入力キーボードも大きくなり、標準よりは入力が容易になりますが、あくまでもメインな使い方ではありません。
f0084772_2314223.gif


iMandalart HD
iMandalArt HD - Hiro Art Directions,Inc.
(iPad2のキラーアプリだ!)
[PR]
■iPad2の印象■
 初代iPadを持っていないので正確な相違は分かりません。しかしながらiPad2は「キビキビ」「サクサク」と全くストレスなく動きます。時々「iPhone4」のデカイ版?と言われてきましたが、印象は全く「別もの」です。私自身、使い分けに思考錯誤しましたが、もっと早く購入しておけば良かったと後悔さえしました。それ位可能性に満ちた商品です。

■良い点■
1)画面が大きいので見易い。(当たり前ですが)
2)スピードがキビキビして、全くストレスが無い。
3)ソフトキーボードは、意外に入力し易い。慣れればかなり使える。
4)大きさもそんなに気にならない。

■残念な点■
1)画面の解像度がiPhone4より落ちる気がする。
2)軽くなったとは言え、やはり重い。

次回からはiMandalArtとiMandalArt HDの印象です。
f0084772_23193063.gif

iMandalart HD
iMandalArt HD - Hiro Art Directions,Inc.
(iPad2を持っている人はどうぞ!)
[PR]
■お陰様で200号!■
 このブログは2006年3月からダラダラと続けて来ましたが、本日200号を迎えました。皆様に読んで頂いていることが続けられた最大の要因です。本当にありがとうございました。定期的な更新とは程遠い状況ですがこれからも止めることはありません。時々読んで頂ければ私も更なる励みになります。今後ともよろしくお願い致します。!!
 
■iPad2購入!!■
 本来ならば3月発売と同時に購入し、「ブログ200号の話題に」と大々的にレポートをする予定でいました。本日発売となり早速購入いたしました。震災被災地の皆様には大変申し訳ありませんが、必ずや近い内に手にできるでしょう。それまでは少しでも役立つ情報をお伝えいたしますのでお許し下さい。

■iMandalArt HDインストール■
 iPad2の購入目的はずばりiMandalArt HDを使うことです。ゆえに即アプリ購入。確かに¥3200はアプリとしては高いですが、「使いこなせばいいんだよな!」と自分自身に言い聞かせました。

■iPhone版との使い分け■
 現状では全く白紙状態です。レポートしながら使い分けを考えていきます。
f0084772_2241424.gif

f0084772_22461188.gif

iMandalart HD
iMandalArt HD - Hiro Art Directions,Inc.
(iPad2を持っている人はどうぞ!)
[PR]
 ご無沙汰しています。(笑)今日から更新を再開いたします。iPhone4の発売からiPad版のiMandalArtがリリースされる間、皆様はどの様にお過ごしでしょうか?私はここ数ヶ月、毎日iMandalArtを使っていますが、今やほとんどストレスを感じることなく、ひたすら「考えることに」に集中できるようになりました。(残念ながら時々落ちますが。。)
 本日、iPad版のiMandalArt HD(¥3,200)がリリースとなり、いよいよ選択に迷う状況です。現在、私自身iPadを所有していませんが、正直「買うべきかどうか?」迷っています。なぜなら今一つ、iMandalArt HDの使い方がイーメジできません。両者の使い分けを考えながら、レポートを再開したいと考えています。
f0084772_18262918.gif

iMandalArt HD - Hiro Art Directions,Inc.
(iPadを持っている人はどうぞ!)
[PR]
 いきなり「iMandalArt2.3.1」アップデート。今回は「バグの修正」です。あまり感じてはいませんでしたが、色々ある様です。バックはWi-Fi機能を使い必ずPCに落としましょう。「トラブルは突然」訪れます!
f0084772_10414493.gif

[PR]
3 iTunesと同期、アクティベーション
 OSを10.5.8にアップグレードして、無事「iPhone4」を認識しました。「iPhone3G」からの復元は少し時間が掛かりますが、比較的簡単です。1時間弱で基本設定は移管できました。後は音楽データなどの同期ですが、これは時間が掛かりますので後回しにしました。次は「携帯電話」として使用出来る様に「アクティベーション」の作業に移ります。オンラインショップの場合は「アクティベーション」は自分で行わなければいけません。しかしこれも簡単。指定されたページにアクセスすれば準備完了。本体再起動してSBからのメールを待つだけです。ここで気が付きましたが、オンラインショップの場合、「iPhone3G」のSIMカードは返却する必要がありません。(どこにも返却等の指示がありませんでした。)そこで「iPhone3G」は「iPodTouch」となり余生を送る事になりました。
 さあ、次は「iMandalArt」を立ち上げます!
[PR]
 「iPhone3G」をギッブアップして、6月16日にオンラインショップで予約。待つ事約3週間で念願の「iPhone4」をゲットしました。 暫くは「iPhone4」での「iMandalArt2.3」の使用感をレポートいたします。「iMandalArtユーザー」にとっての「iPhone4」という観点なので、偏見に満ちたレポートかもしれませんのでその辺りは考慮して読んで下さい。

1 「iPhone4」の第一印象
 意外にずっしりとりした重量感で「iPhone3G」よりは薄いです。個人的には「iPhone3G」のデザインの方がAppleらしさはありました。

2 いきなり失敗!Oh my God!
 あまり深く考えてはいませんでしたが、「iPhone4」を iTunesと同期する為に接続したら「OS10.5.8」以上とのアラートが出て、やっぱりダメかと気が付きました。「iTunes9.2」ならば大丈夫かと甘く考えていましたが、現実は厳しい。私の母艦は「PowerbookG4」という古いマシンなので最新のバージョンはインストールできません。仕方なくアップルのサポートに連絡し、1つ前のバージョンのOSは「オンラインストア」でのみ販売しているとの情報を入手。待つこと2日間で入手しました。その間「iPhone4」は完全に眠っていました。焦らずじっくりいきましょう。あと2年間は使うのだから。
f0084772_22571738.gif

[PR]
 「iMandalArt2.3」となり色々な機能を試し報告したいのですが、「iPhone3G」ゆえに限定された機能しか使えません。「マルチタスキング」の便利さも、「画面のきれいさ」も報告出来ません。そこで「iPhone3G」は諦め「iPhone4」へと機種変更します。以前このブログでも書いた通り、6月16日にオンラインショップで予約してありましたので、実は既に「手元」に「iPhone4」があります。
 次回からは「iPhone4」と「iMandalArt2.3」を使ったレポートをいたします。
「iPhone3G」ユーザー目線からのレポートなので、「iPhone4」の「進化」を違った角度からレポート出来ると考えています。

結論
iPhone3G+iMandalArt2.3ユーザーの皆様
「iPhone3G」でも「iMandalArt2.3」は使えます。ファイルホルダのコピペで自在にファイルを移動出来るので,ストレス無く「思考を膨らませる」ことができます。 ただし、「動作」は重いです。しかしながら「iMandalArt」を時々使うユーザーなら問題ありません。諸事情で機種変更が無理な場合でも十分使えます。もし今後、メインアプリとして「ガンガン使う」状況が考えられる様であれば「iPhone3GS」か「iPhone4」への機種変更をお勧めいたします。
f0084772_19294744.gif
iMandalArt
(iTunesが起動しApp Storeへ)あなたの脳へ!iMandalArt2.3
[PR]