NO.132 iMandalArt発表!!Apple銀座レポート(1)

 34℃の暑さの中、Mandal-Art iPhone版リリース記念トークセッションに参加した。「驚き」と「意外」のキーワードに相応しい内容だった。今回のトークセッションの内容とMandal-Art iPhone版の機能を数回に分けてお伝えする。なお、今回の内容をブログ掲載を快諾して頂いた、今泉先生には心から感謝いたします。ありがとうございます。
 開演5分前には立ち見が出る程、場内は満員となり、Mandal-Art iPhone版に対する期待値の大きさに驚いた。「皆待っていたんだ!」と。また、驚くことに来場者の年齢層が非常に巾広いのだ。多分職業も多種多様であろう。これはMandal-Artというソフトの奥深さの証明なのだ。
以下本日の流れ
1500開演Apple storeの宣伝(お決まり)
「Life is random」記念講演 今泉浩晃氏
8つのキーワードを1つ1つを解説して頂きました。結論は「Life is random だから人生は編集できるのだ」。その為には「道具であるMandal-Art iPhone版」を使いこなし習慣化しようということです。
「マンダをラ」するトーク 大谷和利氏
歴代のマンダラートと時代背景を語って頂きました。ハイパーカード時代からPalm版まで紆余曲折の歴史です。
「iMandalArt」 トーク プログラム開発スタッフ
Mandal-Art iPhone版は「iMandarArt」となっていたのだ。進化している完璧に!今後はこのブログでもそう表現します。
「iMandalArt」は新機能満載であった。(主な機能です)
1)分かり易い、使い易い仕様 マンダラート入門者でもすぐ使える。
2)「画像」と「音声」のサポート
いよいよマンダラートでも画像が扱えるのだ。その上「音声」も扱える様になった。これは考えていなかった。完璧にやられた。想像力を刺激する機能なのだ。使い方のアイデアはブログで発表していくつもりだ。
3)テキスト編集が可能
何とセル内の文章のテキストが編集可能となった。
4)コピー、ペースト
セルをコピーしたりペーストしたりできる。
5)並列マンダラも簡単にできる。
などなど(今回はここまで)
「トークセッション」 開発会社社長 木下誠氏を加えた3名による開発秘話など
「動きはシンプルであるがプログラムが非常に難しい」「過去マンダラートのプログラミングに挑戦したプラグラマーの殆どがギブアップした」との貴重なお話しを伺った。このiPhone版を開発した社長は若いが相当なやり手とみた。ギブアップせずにここまでたどりついたのだから。
質疑応答
私も質問しました!最も大切なことです。「リリースの具体的なスケジュール」と「価格」です。
「リリース」近日中のapp storeに申請とのことでした。10日後位でしょうか?
「価格」 今泉氏より「期待を裏切らない価格」とのお答えを得ました。
こうして「あっ」と言う間の1時間30分であった。その後、準備されていた実機に触れたのだ。
「オー!!」感嘆の一言である。
 最後に「ブログ読んでます!」という「感激」の仲間達が大勢いてくれた。
これには大いに勇気付けられた。「心から感謝いたします。本当にありがとうございました」 
(2)に続く

f0084772_2314199.gif
f0084772_23144065.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2009-07-26 23:20