NO.133 iMandalArtとは何ぞや!(2)

 iMandalArt発表から一夜明け、少し冷静になった所で本格的に機能的な面をリポートする。
デモ機を使用した感想と個人的な見解なので少し片寄るかもかもしれないがご了承して頂きたい。
iMandalArt新機能
1)分かり易い、使い易い仕様 マンダラート入門者でもすぐ使える。
iMandalArtを立ち上げると、手帖版で目にしていたまっ赤な画面の中央にマンダラートのロゴだ。この鮮明な赤色は今でも大好きな部分だ。これが採用されたことに興奮を覚えた。
続いてホーム画面。
これから最も目にする画面であろう。「すべてアイコン表示である。」今泉氏はこの部分のデザインにこだわりがあり、開発途中で制作者とのかなり激しいディスカッションがあったようだ。私も「意外」を感じた部分である。古くからのマンダラートユーザーにとっても賛否両論であろう。しかしながら、HMDT株式会社木下誠代表取締役(プログラムした会社です)の話しを聞いて納得した。我々にはごく当たり前の「GET」「MANDARA」「LA」という表現は、一般の人には分かりづらいということなのだ。iPhoneという世界中に広まっていく機種の中では、「誰でも簡単に」がコンセプトなのだから。今泉氏自身も「Don`t Fixの思考で結論を出した」と語っていた。
「これからはマンダラートは特別ではなく日常の生活道具なのである」
「ホーム画面から」「GET」のセルを展開するとこんな感じです。
(3)に続く
f0084772_20581963.gif
f0084772_21164580.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2009-07-27 21:21