NO.146 iMandalArtを使いこなそう!(6)GET,LA編

 「LA」の画面に移動する前に、すでに「カテゴリ」の8つのマンダラが一杯になってしまったらどうするか?「やりたい事が多い」人にも対応できます。それは「平行マンダラ」を利用して下さい。画像の赤い丸の部分をタップすれば、「左右に新しいマンダラ」が表れます。「1カテゴリ」X8=64個マンダラができます。あまりにも多くのファイルを作ると迷子になりますので、「LA」で達成したものは「セル」ごと「コピー」して移動してしまいましょう。「コピー」のやり方は「セル」を「長押し」すれば「カット、コピー、削除」が表れます。「テキスト編集」をして「目立たせたい」と考えたあなた。それも出来ます。入力画面で変更したい文字を「選択」して下さい。選択すれば「カット、コピー、ペースト、」共に出てきます。これで「GET」の画面は完璧です。後は「色々いじくり回して、自分流の使い方」を発見して下さい。

さあ、「LA」の画面です。もう一度「アイコン」をダブルタップして「LA」の解説を読みましょう。
LA とは
<完成する・成就する> という意味。

GETで発想したNeedsやWantsはあなたが編集していくまでは実現しません。何から手をつけるか?
やろうと思ったものやらなければならないものを選んでここ LA の画面に呼び込んで集中的にワークする!(解説より)

では、「GET」から呼び込みましょう。「セル」をリズム良くダブルタップして下さい。「トン、トン」という感じです。ほら、表れたでしょう。「集中的に達成したい」と考えた事を呼び込みましょう。ここまでくれば、殆ど「GET」した様なものです。あとは「行動」あるのみです。
「セル」を削除したい場合は、「長押し」すればOKです。「削除」しても ファイルは「GET」に戻るだけなので安心です。

 時間が許す限り「LA」の画面を見て、どんどん「編集」しましょう。「良いアイデア」が浮かぶかもしれません。


f0084772_144776.gif
f0084772_16122381.gif
f0084772_1613292.gif
f0084772_16133473.gif
f0084772_16141481.gif

[PR]
by y-shimo77 | 2009-08-24 13:49